ミニスケボー・ペニーとは?

今、大学生や女の子たちの間で大流行しているミニスケボー・ペニー。軽くて小さくて、街をクルージングするのにピッタリです。また、初心者でも扱いやすいのもペニーの人気の秘密です。

 

ミニスケボー・ペニーを軽快に街中で乗り回せるように、まずは基本的な乗り方を身につけましょう。
といってもペニーは進む曲がる止まるの3つの動作だけ覚えればOKです。
この3つを覚えるだけで、のんびりとクルージングするペニーの醍醐味を十分に味わうことができるでしょう!

ミニスケボーの乗り方

まずは乗り方からです。

 

  1. 前足をスケボーの前の方に乗せます(前輪のあたり)。このとき、つま先は進行方向へ向いています。
  2. 次に後ろ足をスケボーの後ろの方に乗せます(後輪の上あたり)。後ろ足は横向きに乗せます。つま先とかかとがボードからはみ出る感じです。
  3. 前足を横向きにします。

 

両足が横を向いているこの状態がクルージングの足の位置です。地面をこぐとき以外はこの状態で乗ることになります。

 

降りるときはこの逆です。

  1. 前足の向きを変える(つま先を進行方向へ向ける)。
  2. 後ろ足を下ろす。
  3. 前足を下ろす。

 

これが基本になります。
ポイントは後ろ足を乗せたときに前足の向きを変えることです。
この動きがペニーをこぐときにも重要になってきます。

 

ペニーの進み方・止まり方・曲がり方

進み方(プッシュ)

ミニスケボーをこぐときの動きをプッシュと言います。プッシュは前足をスケボーの上に乗せた状態(つま先は進行方向)状態で、後ろ足で地面を蹴って進みます。そして後ろ足を乗せて、前足の向きを変えましょう。
プッシュのコツは、地面を蹴るときも重心は前足にのせておくことです。前足で体のバランスをとるようにしましょう。

 

止まり方

ペニーの止まり方は、後ろ足を下ろしてブレーキをかける感じです。このときも後ろ足を下ろす直前に前足の向きを真っ直ぐに戻すようにしましょう。

 

曲がり方(ターン)

曲がるときクルージングの状態(足が横向き)で、つま先に重心をかけると曲がります。逆に曲がりたいときはかかと側に重心をかけましょう。
曲がるときは体勢を若干低くするとバランスがとりやすいです。コツは、つま先側にターンするときは、後ろの手のひじを背中側に引くような感じに。かかと側に曲がるときは、後ろの手をガッツポーズみたいに前に持ち上げる感じです。こうすることで前足側の肩が曲がる方向へイイ感じに向いてくれます。